店長ブログ

確かに、給料に天井はない。

2022/08/15 07:01
おはようございます。
あられもない、法外な給料表記に
疑問を抱き続けている石川です。

僕の考えとして、
「求人で嘘はつけない」
という信条があります。
それはもちろん、キャストもスタッフも。
働く者にとっての権利のようなものを
我々採用側が、犯してしまうようなことは
したくないんですよね。
個人的な感情も含め、です。

ただし、この業界には
正直給料の天井はありません。
以前にも書きましたが
個人の及ぼす影響力が
一般職の比ではないのです。
だからこそこの業界における
本当の意味での価値ある「人材」に対しては
それなりの給与を与えるべきだと
私は思っています。
無論、私も代表として
そういった立場でいられるように
身を引き締められるので、
高収入というのはある意味
プレッシャーでもありますが...
自分に対しての責任の大きさを
常に確認できるバロメータ、とも捉えられますね。

収入の大きさは責任に比例します。
会社、企業に対して
いち個人が及ぼす影響力が
大きければ大きいほど、
収入と責任も大きくなります。
それを体現できるのが風俗業界です。

マーケットはまだ成長途上。
これから新しい時代に
風俗業界もまた変わってゆくでしょう。
案外、この業界は面白いですよ。
うちのように「まともな店」というのが
最低条件ではありますが。笑

代表 石川
お問合せは 「ジョブヘブン見た」で!

正しいことを言ってる人間ほど煙たがられる世の中。

2022/08/14 07:01
政治もそう、仕事もそう。
どちらも一度楽をすると
もう苦しい思いはしたくない、
と..その気持ちがどんどん強くなり
今ある「ぬるい環境」から
脱却することができなくなります。

そんな中に、
ダメなことを許容せず
正しくしようとする人は
必ず現れます。
しかしそういった「正しい人間」
というのは、尽く排除されるのが
集団の常でもあったりします。笑

人は楽をしたい生き物ですから、
一度うまみを覚えてしまうと
そのうまみを逃すような状況には
絶対になりたくないと思うんです。
仕事でも全くもって同じ。
できることなら仕事はしたくない、
どうにか苦しい思いをせずに
楽をしていい加減に毎日過ごしたい。
そう考えている方がおそらく大半でしょう。
大半というか大衆だと思います。

自分の仕事に、どこまでシビアに
責任を感じて取り組むことができるのか。
それは統率でどうにかなることではなく
人それぞれの能力の違いなので
一定のラインに揃えることは不可能に近い。
楽をしたいと思っている人間や
一度楽をしてしまった人間は
少し厳しいことを言いますが、
残念なことにもう元には戻りません。
打算的になった人間は、そこが天井なのです。
組織においてこういった人間が
できあがってしまうこと。
そのことこそがまさに終わりの始まりであり
最も避けなければならないことだと
私は考えています。

私はどちらかというと、
組織内においては
煙たがられる側の人間かもしれません。
規律厳しく、常に新しい思考を取り入れ
おそらく当社の社員は毎日、
忙しなく振り回されていることだと思います。笑
ただ組織内において、こういった
「煙たがられる人間」というのは
確実に必要です。
とりあえずの日銭を稼ぐだけであれば、
当社に応募する必要はないでしょう。
無名店のいちスタッフでも、
食いつなげるだけの給料は
おそらく出るはずです。

当社が求めているのは
目指す場所が同じ仲間。

士気の低い人間は不要です。


代表 石川
お問合せは 「ジョブヘブン見た」で!

売りたくない客には売らない

2022/08/13 07:01
刺激的なタイトルですみません。笑
が、これは私が商売の基礎だと
考えているもののひとつです。

会社という生き物は、
非営利団体と違って
利益を追求しなければなりません。
利益が追求できなければ、
ユーザーはおろか社員の幸せを
保証できないからです。
利益が出て潤っているからこそ
よりよい取り組みを
考えて実現することができるし
利益がない状態での営業というのは
正直かなり苦しいものがあります。
消耗戦になるからですね。

薄利多売で売り方も買い方も
疲弊するような商売ってのは
基本やりたくないんですよ。
売りたくないけど、
どうしても売らなければいけない...
みたいな状態の商売は
ほぼ間違いなくうまくいかないと
僕は考えているのです。
売りたくない客には売らない、
というのは確かに語弊があるかもしれませんが
商売においてこのマインドは
事業を成功へ導く上で
非常に重要な意味合いを
持つものではないのかな、と。

例えば100円のコーラを
1000円で売りたいとしましょう。
でもコーラは100円ですから、
もちろんそう簡単には
1000円などという高い値段では
売れませんよね。
だからと言って
1000円で売りたいものを
150円で妥協して売りに出す
この考えこそが、商売が
うまくいかない理由だと考えています。
100円のコーラを1000円で売りたいなら
売る場所を変え、売る方法も変える。
ペットボトルに入った
何の変哲もないコーラに
どれだけの付加価値をつければ
1000円で売ることができるのか。
それを考えて実行に移して
実現させるのが商売、なんですよね。

と、ここまで意図を説明しましたが
ご理解いただけると幸いです。
「感情的にこいつには売りたくない、
だから売りたくない客には売らない」

のではなくて。
「自分たちがターゲットにしている
プライス層ではない市場で勝負しない」

というのが本質です。
言葉は悪く誤解を招きますが、笑
タイトルの意味合いはこうです。

だから私は、いや私たちは
売りたくない客へは売りません。
××円OFF!割引!イベント!
と、企画も少なくお客様方には
つまらない店だとも思われている、
かもしれません。
それはなぜか。
上述のような理由があるからです。

しかし今年は還元の年にもしたいなと
構想していることもあり、
協力していただいた分に関しては
誠意ある料金で対応をさせていただいている。
お客様あっての業界だということは
片時も忘れてはならないですからね。

そんなマインドで、
一緒に働けるような仲間が
増えたら私も嬉しく思います。
おそらくこの界隈では
風俗という事業について
くそ真面目に考えている方です。
実現できる事、できない事、
もちろん多々あります。
構想はあるものの実行に
移せていないこともあります。
だからこそ、私たちは人材を求む。
お客様も裏方もそして私たちの仲間も
携わる全ての方を巻き込みながら、
風俗業界を楽しんでいきたいなと
そんな考えを持っております。


代表 石川
お問合せは 「ジョブヘブン見た」で!
関連の求人

& Essence(アンドエッセンス)
ナイトレジャー(派遣型)/沼津市

電話する
055-927-2123
メールで質問する
and_essence@yahoo.co.jp
WEB応募する WEB質問する

SNSから応募する方はこちら

 SNS応募方法

& Essence(アンドエッセンス)様のSNSID

essence2123

SNS IDをコピーする

SNSサービスから上のIDにお問い合わせください。
「ジョブヘブンを見ました」とお伝えすると対応がスムーズになります。

お電話・メールから応募する場合

採用担当:  店長 石川   受付時間: 朝9:00〜翌5:00

閉じる