ニュース

2021/01/14 (木) 12:00

採用される簡単な方法とは?風俗経営者に聞いてみた

採用される簡単な方法とは?風俗経営者に聞いてみた

お店が求める人材はこんな人

 ある日、風俗店のオーナーさんがこのように言っていました。

スタッフ求人の採用のポイントは
「この人と一緒に働きたいって思えるかどうかです」

スタッフ求人において応募される方々が数多くいるのが現状ですが、採用までたどり着かない方も中にはいるのではないでしょうか?

そこには本人でも気付かない落とし穴があるのかも!

今回はそんな時に一度見直しておくべき、実は簡単な採用アップ術をご紹介します。

一般社会同様の必須事項

 まず始めに、前提として
風俗業でも当然ですが一般社会にいるような人材を求めています。

しかし、それは能力とは別の話です。

ここで不採用となりやすい事例を挙げてみます。
・時間を守れない
・連絡をしない
・挨拶ができない
・面接の時に履歴書を持ってこない
・履歴書に写真が貼られていない
・履歴書が空白だらけ

ざっくりとお話を聞く限りではこのようになります。

いやいや、そんな人いるわけない!
と思う方もいるかもしれませんが実際にはかなりいるようです。

履歴書に関しては別の記事でまた取り上げようと思います。
今回ポイントとする点は、時間、連絡、挨拶、この3つです。

この3点は一般社会の企業においても出来て当たり前と言われることなのですが、個人で意識しておかないと不意に怠ってしまうことでもあるのです。

しかしながら、これらが出来る人に対して持つ印象は
雇う側からすると《人としての安心感》を抱くことへ繋がるのです。

要するに、好印象を与えます。

注意すべき事柄

 では、その3点はどう意識すればいいのでしょうか?

1つ目【時間】
まず、約束や予定の時間に対してギリギリな行動であったり超えてしまうことを避けましょう。時間は相手の予定も消費します。時間を守れないと多方面で迷惑を掛けることになるのです。

面接の日程は事前に確認済みのはず。遅れないように最低でも5分前には到着しているようにしましょう。行動履歴としてスケジュールを立てておくことをオススメします。


2つ目【連絡】
必ずしも物事が時間通りに進むわけではありません。注意していても時間に遅れる可能性だってあります。不可抗力で受けた遅れは、それが仕方のない理由であれば考慮してもらえることだってあるのです。

その際は決して挫けず諦めないようにしましょう。
必ず連絡することが重要であり、報告することも責任です。

面接に限らず、仕事で起きたことなどの報告すべき事項は連絡を忘れずに。

ただ一本電話等をするだけです。


3つ目【挨拶】
おはようございます、こんにちは、こんばんは、お疲れ様です。様々な挨拶がありますが、これは人とのコミュニケーションの一貫です。誰一人とも関わらず仕事をしている方を除いては、人と接する機会が存在する分あるのとないのとでは印象効果が天と地ほどの差になります。

面接の時には「宜しくお願いします」「ありがとうございました」などしっかり挨拶できれば◎ですね。

採用する人材は誰でもいいわけではない

 いかがでしょうか?皆さんはすべてしっかりと出来ていましたか?

冒頭でもあった通りお店側の思いとしては
「この人と一緒に仕事をしたいと思えるかどうか」です。

決して誰でもいいから採用するということではありません。
雑な人、ルーズな人、約束を守れない人、人を避けている人などの印象を与えてしまうと受かるものも受かりません。採用側も先のことを考えて恐怖や後悔を抱きます。

まずは第一印象を勝ち取りましょう。

余談にはなりますが
どうやらドライバーさんの採用率は高そうで、理由を聞くとお昼の仕事とのダブルワークを前提にして面接を受けに来る方が多いらしく、上記の点はしっかり出来ている方が大半とのこと。

いずれにしてもシチュエーションに限らず、
時間、連絡、挨拶はしっかりできるように心掛けましょう。

正社員募集中の会社はこちら