ニュース

2021/01/07 (木) 12:00

コロナ禍での転職で初のソープ業界へ。実働8時間で収入増で休日もある職場

コロナ禍での転職で初のソープ業界へ。実働8時間で収入増で休日もある職場

穏やかな人達が多い職場です

 2021年の一回目のジョブヘブンお仕事ニュースは函館・道南エリア唯一のソープ店『ソープランド函館』さんをご紹介!お話を聞いたのは入社8ヶ月の金澤さん。昨年春にコロナ禍真っ只中で前職に別れを告げ、初めて風俗店勤務を選んだそうです。過酷だった前職の状況や、今の職場に入ってからの思いなどお聞きしました。転職したい方、必見です!

★ソープランド函館・店長さん&スタッフさんのブログはこちら
★ソープランド函館 ヘブンネットページはこちら

面接後の帰り道、10分くらいで採用の連絡がきてありがたかった

 函館市◎ソープランド
『ソープランド函館』スタッフ
金澤さん(39歳)
・2020年5月に入社

―よろしくお願いします。前職は何をされていましたか?

飲食業です。1階は居酒屋で2階は宴会場という施設で働いていました。葬儀などの冠婚葬祭からや宴会まで、100名規模の会場設営や配膳、業者とのやり取り等、統括をやっていました。

―沢山の業務をこなしていたんですね。いつ退職されたんですか?

2020年の4月に退職しました。コロナ禍で宴会も減り、居酒屋の方のお客さんも減って…売上は激減でしたね。

―退職を決めたのは集客のことだけですか?

いいえ、それだけではないです。前職は人手が少なくて多忙を極めていて、労働時間が長かったんです。

―どれくらい働いてらっしゃったんですか?

朝8時~早くて22時、遅くて日付が変わった24時30分とかですね。ホテルのフロントもやったりとかで休みもありませんでした。

―それは…ちょっと大変な労働状態ですね。

葬儀などは終わりの時間も決まっているので、準備はやるしかないですよね。前の職場では幾度となく人手の問題を上げましたが改善される事はありませんでした。春のタイミングで退職を決めたんです。

―転職活動はいつ頃から行っていましたか?

いつだったでしょうか。ずっと携帯で求人を探していましたから。一発目に『ソープランド函館』を受けてすぐ決まりました。

―最初に受けて、即決まったんですね。

そうです。ここの面接の帰り道に「明日来て下さい」と採用を告げられました。本当にすぐですよ、面接終了後10分ぐらい。車に乗って銀行に寄っているところでした。すぐに採用して頂いてすごくありがたかったですね。

実働8時間になり入社して太った

 ―労働時間が長かった前職ですが、今はソープランド函館さんに入ってどうですか?

今は基本的に9時間勤務の1時間休憩で、実働8時間です。求人に載っている通りの給料と勤務時間で働いています。

―ようやく一般的な勤務状態ですね。

はい!おかげで太りました(笑)!今は当店の人手が足りないので、誰かが休みの時にシフトに入ったりする事もありますが、その分残業代もきちんと出るので、むしろラッキーと言いますか。業務的にも体力的にも全く辛くないので余裕があります。給与的には前職と変わらないどころか、むしろいいですね。ソープランド函館はボーナスがつくのでこっちの方が全然良いです。

―ボーナスは決まった月に出るんですか?

はい、7月と12月の年2回です。入社して1年経っていないですが頂けました。

―異業種から風俗に転職される人の中には『怖い業界だと思っていた』という方がけっこう多くいるのですが、金澤さんは抵抗などありましたか?

抵抗は全くなかったです。前職の前の仕事が飲み屋だったんです。だからこの業界で働く女の子に対しても全然偏見ありませんし、LGBTについても何にも思わないです。

―そうだったんですね!

はい、20歳~30歳まで飲み屋で色んな人を見てきたので、怖さも全くありませんでした。

いらっしゃいませ、ありがとうございますの声掛けからスタート

―入社した後、最初に何から教わりましたか?

最初は「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の声掛けからです。その後は、待合室のお客様にお茶をお出ししたり、女の子にチケットを渡したり、コールの対応をして飲み物の注文を受けて持っていく、というような事を行います。その他はタオル折りや片付けなどの店内業務全般で、今やっている事と変わらないですね。

―今は店内業務全般の他にどんな業務を行っていますか?

店内業務とフロント業務です。フロントは入社して3ヶ月後に座っています。

―大変なことや、新鮮なことはありますか?

特にないです。強いて言うなら予約の取り方…、いやそれも全然大変ではないです。風俗は初めてだったけどそんなに驚く事もないですね。あまり事前に『こうじゃないか?』というのを想像すると違った時に『うっ!』とダメージを受けるので、変に前もって考えないようにしています。

―お店にいるスタッフさんの年齢を教えてください。

店長が50代で、フロントスタッフが30代です。

―職場の雰囲気はいかがですか?

とても良いです!穏やかな気性のメンバーばかりです。46時中シーンとしてフロントをやっているわけではなく、お客様のいない時は笑い話をすることもあります。特に早番と遅番の入れ替わるタイミングで、世間話の流れで『昨日こういう事がありました』等の情報共有をしています。

―情報共有は大事ですよね。お客様はどういう方がいらっしゃるんですか?

地元の方が多いです。特に早番はそうですね。遅番はこのご時世で少ないながらも観光の方もいます。年齢層は幅広くて若い方もいれば、80代の方もいらっしゃいます。

想像より多かったボーナス。思わず明細にありがとうございます

 ―サービス業なので休みがないイメージですが、休みはありますか?

シフトで週1回は絶対にあります!前の職場と違って(笑)。

―よかったです(笑)金澤さんが思う、このお仕事の大変なところはどんな点ですか?

女の子への対応です。人それぞれなので。人間ですからテンションが高い時、低い時、その時に応じた配慮が必要です。体調が良くない時もですね。

―女性への対応について注意事項を教わったりしましたか?

必要以上に話しかけない事、嫌われないようにする事、馴れ馴れしくするな、ぐらいでしたね。

―それぐらいなんですね。では逆にやりがいを感じるところはどこでしょうか?

給与明細を見た時です。今は人が足りない時に残業に入っているので、多くもらっているんです。あとはボーナスをもらった時ですね。ボーナスの明細をもらった日は忙しくてその場で見れなくて、帰りに中を見たらもう「ありがとうございます!」と言いたくなる程でした(笑)。入社した年なのに想像より多かったんですよ。嬉しくてすぐに楽天で服をポチっとしましたね(笑)!

スタッフは皆優しい。働いた分だけ見返りをくれる会社

 ―金澤さんの今後の目標はありますか?

最終的な目標は自分の飲食店を持つことです。当初は2020年に出すって宣言していたんですよ。前の仕事中も料理のアイディアが浮かんだら携帯でメモを取ったり、コツコツと準備していました。今は予定よりだいぶ遅れていますが、去年はコロナの影響で予定が崩れて良かったのかもしれないと思っています。

―2020年は世界中が大変な年でしたね。最後になりますがジョブヘブンをご覧の皆様にメッセージをお願いします!

ソープランド函館はお店の雰囲気がいいですし、みんな優しいです。そしてやった分だけ見返りをくれる会社です。
仕事内容は難易度の高いことはありませんし、休憩時間も休日もあります。勤務時間はきっちり上がってと言われます。みんなイライラしていないし、怖さもありません。
時間を守って普通にマジメに来て頂けたらうれしいです。話だけでもぜひ来て頂ければと思います。

―どうもありがとうございました!



★お問い合わせ・ご応募は『ジョブヘブン見た』と伝えるとスムーズです。

★求人情報はコチラ

ニュースのお店

ソープランド函館 [ソープランド/函館市]