ニュース

2020/10/22 (木) 12:00

風俗は『こうじゃなきゃダメ』というのが無い仕事。だからこそ経歴・男女問わず新しい仲間を歓迎!

風俗は『こうじゃなきゃダメ』というのが無い仕事。だからこそ経歴・男女問わず新しい仲間を歓迎!

社保完備・福利厚生が手厚い大手風俗グループ

 今回お話を伺ったのはススキノの店舗型で有名なGOGOグループ『桜坂』スタッフのYさん。グループ立ち上げから勤続しているYさんに業界入りのキッカケや職場の雰囲気などお聞きしました。

★転職をお考えの方へ〔店長ブログはこちら
★最新の求人情報はこちら

高卒すぐで業界入り。60円のハンバーガーを分け合った日々

 札幌市・すすきの/ファッションヘルス
『桜坂』 スタッフ
Yさん(36歳)

・社歴:10年(同グループのオープニングスタッフ)
・高校卒業後すぐに風俗業界入り。
・趣味:ゴルフやキャンプ、釣りや遠出など、外で遊ぶのが好き。


―よろしくお願いします。風俗業界入りのキッカケは何でしたか?

Yさん:たまたま街で遊んでいて『こういう仕事(風俗)を今から立ち上げます』という人に出会いました。その方から『若い人の力を借りたい』と言われて参加したのがキッカケです。高卒ですぐに業界に入って、そこからずっと同じ会社です。

―この業界では珍しいですね。その方は先輩とか、知り合いだったんですか?

Yさん:先輩でした。

―風俗に対して抵抗はありました?

Yさん:そうなんですよ、あったんですよ。当時女の子と話すのがめっちゃ苦手で正直やりたくなかったんだけど(笑)、とりあえずやってみよう、と。そして、やれば慣れたんですよね。友人と一緒に参加したから続いたのかも。たぶん1人だったら行かなくなってました。

―当時のお給料はいくらだったんですか?

Yさん:日給2,000円でした(笑)。

―生活できないですよね!?

Yさん:実家だからできました。まだ店舗がない状態からのスタートだったんです。他の日払いの派遣に登録しながら掛け持ちでこの仕事をやってたんですね。

―親御さんは何かおっしゃってましたか?

Yさん:うちの親は理解してくれました。『警察のお世話にならないこと、人様の迷惑にならないこと、生活できること』だったら別に何をしてもいいという考えなんです。

―実家の理解があるならまだ安心です。それにしても日給2,000円…お店が軌道に乗るまでとはいえ、よく乗り越えましたね。

Yさん:まだ始めたてだったし、お金・お金という感じでもなくて。それに周りの友人は基本的に同じ職業でずっと働く感じで転職が今ほど主流じゃなかったです。今じゃ考えられないですよね(笑)!

―考えられないです(笑)!その2,000円はどういう風に使ったんですか?

Yさん:当時マックが60数円の時代で。6個買って友達と分けました。飲み物は節約したいから『お水下さい』ってもらっていました。

―そんなドラマが!生活できるくらいにお給料がもらえるようになったのはいつですか?

Yさん:20歳の時にはすでに一人暮らしをして、車も同時期ぐらいに買っていたのでその前でしょうか。

接客業の基本『いらっしゃいませ』からスタート!

 ―今入社した方は何から教わりますか?

Yさん:接客業の基本からスタートです。「いらっしゃいませ」等の挨拶から入って、掃除ですね。店内は常にキレイにしないといけないので。そしてタオル折りなど全般的な雑務を覚えて頂きます。同時進行でお客様がお帰りになるまでにアンケートを取ることも覚えて頂きます。

―女性キャストさんとの関わりは最初からあるのですか?

Yさん:女性と会話したり接するのは、ある程度時間が経ってからですね。というのも女性から『これはどうしたらいいですか?』等、現場で相談されても新人さんはすぐに答えられないからです。女性を困らせてしまうのは良くないですからね。

―責任重大ですよね。桜坂さんを始め、GOGOグループのお店は女性の送迎も行っています。それはどなたが担当するのですか?

Yさん:送迎は基本的に役職者のみです。送迎は車一台につき女の子1人なのですが、その時間ってものすごく大切なんですよ。相談に乗ったり女の子のケア的な意味があるんです。本当に現場が忙しくて回らない時は女の子に事前に『ごめんなさい。今日は●●さんが送迎します』と説明するんですが、きちんとした対応をするために役職者が担当します。

―送迎が何人かで相乗りじゃない理由が本当にすごいなと思いました。女の子にとって相談しやすいですよね。

元公務員など異業種からの転職組が多い職場

 ―今いるスタッフさん達の年齢を教えてください。

Yさん:桜坂だけではなくグループ全体でですが、下は22歳~上は41,2歳ぐらいです。平均年齢は30歳ぐらいです。

―Yさんから見て職場の雰囲気はいかがでしょうか?

Yさん:抜くところは抜く、きっちりやる時はやる、という感じでメリハリがあるかなと思います。そこまで仕事、仕事という堅苦しい感じではないですね。

―この業界にすでに入っている人も最初は『怖かった』ですとか『殴られそう』と思って、恐る恐る入ってくる人が非情に多いです。

Yさん:そうなんですか!?映画とかではそういうのあるかもしれないですが、当グループは一切ないです。うちのスタッフは元公務員がなぜか多いんですよ。後輩の木谷もそうです。

―前職は何をされていたんですか?

木谷さん:自衛官と警察官でした。

―自衛隊と警察、2つともですか!?

木谷さん:はい、そうです。自衛隊4年務めた後、警察官ですね。GOGOグループは入社して8年になります。

Yさん:見た目が全く風俗っぽくないでしょ?

―はい。そして二ヶ所も公務員を務めてからの業界入りの方とは、初めて出会いました!


写真右)木谷さん

風俗は『こうじゃなきゃダメ』というのが無い仕事

 ―この仕事でやりがいを感じるところはどこでしょうか?

Yさん:それね、やりがいね~!うーん。『これをやってみたい』『あれをやってみたい』が実現できること。これに尽きます。一般の会社だと自分の意見が通ることはなかなか難しいと思うんです。ここだとみんなで話し合ってできるんですよ。お店を良くするのも悪くするのも、全て自分たち次第。責任も伴います。でもお客様がいっぱい来てくれたら嬉しいと感じますね。

―今後の目標は何ですか?

Yさん:女の子にもお客様にも、桜坂も、GOGOグループも『良いお店だよね』と言われるお店にしたいです。

―どういう人材に来てほしいですか?

Yさん:もう誰でもOK!スタッフ募集は男性でも女性でもどちらでも歓迎です。経験があっても無くても、いい意味でどなたでも歓迎します。というのも風俗というのは、『こうじゃなきゃダメ』というのが無い仕事だから。ある程度、一般的な社会人としてのマナーがある方なら誰でも大歓迎です!

―最後にジョブヘブンをご覧の皆様にメッセージをお願いします!

Yさん:夜の顔って怖いというイメージがあるかもしれませんが、そういうのは本当にありません。当グループでは新しい仲間を募集中です。色んな業種から入社してくる人も多いので、安心してお越し下さい。年齢も学歴も関係ありません。ぜひ一緒に働きましょう!

―ありがとうございました!


お問い合わせの際は『ジョブヘブン見た』とお伝えください。

★最新の求人情報はこちら

ニュースのお店

桜坂 [ファッションヘルス/札幌市・すすきの]