ニュース

2019/08/22 (木) 12:00

「風俗業を“ゆるくて楽な仕事”と思っていました」老舗ソープランドの若手スタッフにインタビュー!

「風俗業を“ゆるくて楽な仕事”と思っていました」老舗ソープランドの若手スタッフにインタビュー!

ギスギスした職場ではなく、働きやすい職場環境

すすきのにあるソープランド『痛快OL通り』。今も昔も多くのお客様から愛される老舗ソープランドです。今回インタビューを受けてくれたのは同店の若手スタッフ「ドルジ」さん。入社前、入社後の風俗に対するイメージの違いや若手ならではの入社後の業務内容についてお話してくれました。

“ゆるくて楽な仕事”というイメージがありました。

すすきの◎ソープランド『痛快OL通り』
ドルジさん

〔プロフィール〕
・役職:なし 店舗スタッフ(正社員)
・入社年度:2017年11月入社
・前職:建築関係(とび職)
・趣味:食べ歩き


―本日はよろしくお願いします。早速ですが、以前のお仕事から現在までの経歴を教えてください。

ドルジさん:前職はとび職の仕事をしていました。とび職をやる前は「高い所が苦手!」なんて意識は全くなかったのですが、いざ現場で働いてみると、めちゃくちゃ怖くて足がすくんでいました…(笑)「これじゃ仕事にならないなぁ」と思って、とび職を辞めて今の会社に入社しました。

―就職後に高所恐怖症に気づいたという感じですね(笑)入社する際は何か求人サイトをご覧になりましたか?

ドルジさん:いえ、求人サイトは一切見ていなくて知り合いの紹介で入社しました。

―なるほどですね。「知り合いの紹介」とありましたが面接などは通常通り行ったのですか?あと面接時の何かエピソードがあれば教えてください。

ドルジさん:面接は普通にありました。正直な話、風俗の仕事に対して“ゆるくて楽な仕事”というイメージがあって、面接時に履歴書も持たず、私服で面接に行きました。今の僕の上司である店舗マネージャーが面接官だったのですが、かなり怒られましたね…(笑)怒られた後にその場で履歴書を書き、入社したという流れになります(笑)

―なかなかすごいエピソードですね(笑)無事入社が決まりましたが、風俗のお仕事について何か抵抗はありませんでしたか?

ドルジさん:抵抗は全くなかったですね!働いた分きちんとお給料が貰えれば良いと思っていたので。面接時は私服で行ってしまいましたが、僕自身スーツを着て仕事をする事に憧れもありましたので、入社出来て良かったです!

―では次に入社前と入社後のギャップはありましたか?

ドルジさん:かなりギャップはありました。入社前はフロントで従業員が新聞とか雑誌を読みながら時間を潰しているイメージがありました。しかし、働いてみると全くイメージとは違く大変な事が多かったです。例えば在籍キャストの出勤管理です。在籍キャストの出勤が少なければ、お店の売り上げ目標にも到達できないので、女の子一人ひとり聞き回って出勤の確認を取るのが大変ですね。

―働く前とのギャップかなりあったのですね。お店にはどのようなお客様が来店されるのでしょうか?

ドルジさん:幅広い年齢の方が来店されます。主に30代~50代のお客様です。昔からあるお店なので、常連のお客様が多いですね。最初はクセのあるお客様が多いかと思ったのですが、全然そんな事はなくて常識ある良いお客様ばかりなので最初の頃のホッとした安心感は忘れられません(笑)

「わからない事はすぐに聞く」安心して聞ける職場環境。

―風俗業界未経験から入社した訳ですが、最初はどのようなお仕事からスタートしたのでしょうか?

ドルジさん:入社してからの半年間はお客様へのスリッパ出しと靴出し・靴べら渡しをやっていました。半年間その業務をひたすら続けた後にフロントに座らせてもらい、お客様の電話対応や精算のやり取りを行いました。最初はわからない事が多く、お客様の予約かぶり等のミスが多かったです。

―現在の業務内容についても教えてください。

ドルジさん:現在の業務内容は在籍キャストのシフト管理、新人キャストへお部屋の備品説明・案内の説明、ホームページの更新作業、フロントの受付業務などの業務がメインです。

―入社当社の業務からかなり多くの業務に関わっているのですね。新入社員用のマニュアルなどはあるのでしょうか?

ドルジさん:マニュアルはなく先輩社員の業務を見ながら覚えるという感じですが、わからない事があればその場で確認をします。聞きづらいなんて事も一切なく、困っている事があればすぐに教えてもらえるので非常に助かっています。

―未経験の方でも安心して働ける職場環境ですね。風俗はブラックと思われがちな業界ですが、休日はあるのでしょうか?

ドルジさん:休日もきちんとありますよ。とび職だった時は毎週日曜が休日で月4日ほどありました。しかし、今の会社では月5日休みが義務付けられているので、とび職時代よりも休みは多いです。仮に休日出勤の日があったとしても、その分給料も出る仕組みになっています。

―休日があると仕事とプライベートの区別もつきやすいですね。今いるスタッフさんの年齢層等についても教えてください。

ドルジさん:現在は早番・遅番含めて6人います。正社員とアルバイトの半々の割合で働いています。僕を含め20代が2人、40代が4人ですね。

―尊敬できる上司あるいは先輩スタッフはいらっしゃいますか?

ドルジさん:尊敬できる上司が2人います。マネージャーは判断力がすごくて、何か急ぎで判断しなければいけない事でも的確に判断してくれます。従業員をご飯にも連れてってくれますし、コミュニケーション力もあって打ち解けやすいです。従業員にあだ名を付けるクセがあって、僕にも「ドルジ」という素敵なあだ名をつけてくれました(笑)あとは筋トレ好きの店長ですね(笑)普段の仕事中でもプロテインを飲んでいてかなり身体は仕上げっています(笑)店長は事務整理が早く、ネットの更新関係が得意です。僕はネットの更新関係があまり得意ではないのでわからない事があれば、すぐに聞いて教えてもらえます。

―頼りがいのある上司がいて、良い職場環境ですね!

ドルジさん:はい。ギスギスとしている職場環境ではなく、働きやすく活気があるので安心して働けています。

仕事へのやりがいが僕の自信に繋がります。

―ではドルジさんのお給料についてですが、月収はいくらぐらいですか?

ドルジさん:社会保険料などもろもろ引かれて手取りで20万円です。休日も月5回あってのこのお給料なので満足しています。

―初のお給料で買った物もしくは叶えた事等ありましたら教えてください。

ドルジさん:初任給で引越しをしました。その時に一人暮らしに必要な家具や家電も揃えました。

―初任給の使い道は大胆に使ったのですね!ではドルジさんの仕事でのやりがいは何ですか?

ドルジさん:お客様の出入りが多く、その日の売り上げ目標も達成できるのはもちろんですが、ネットの更新で1日体験の新人キャストを上手く売り出し、稼げた時に一番のやりがいを感じます。せっかく働くなら稼げた方がもちろん良いですし、何より「安心して稼げるお店なんだな」と思ってもらえると、僕の自信にも繋がります。

―素敵なやりがいですね。では最後にジョブへブンをご覧の方にメッセージをお願いします。

ドルジさん:未経験での入社でしたが、ギスギスとした環境ではなく働きやすい職場です。マニュアル等はありませんが、わからない事は上司がサポートしてくれます。風俗業界はブラックなイメージが強いですが、休日や給料も不自由なく用意されていますので少しでも興味があれば、一緒に働きませんか?また、同じ事の繰り返しではなく色々な業務にも携われますので自分のスキルアップにも繋がると思います。皆様のご応募お待ちしております。

ニュースのお店

痛快OL通り [ソープランド/札幌市・すすきの]