お仕事ニュース

これからの季節

2017/06/26 21:13更新
06/26 21:13 パンティラ こんにちは。大です。

「癒されたい時に行きたくなる都道府県ランキング」

最も多くの人が選んだのは雄大な自然に恵まれた《北海道》でした。

大自然を前に深呼吸するだけでも心が軽くなりそうですよね。

海の幸、ラーメン、ジンギスカンなどおいしいものもいっぱいあり、

味覚から身体を癒してくれるのではないでしょうか。

食べ物と自然だけじゃありません!

ここパンティラでも毎日お客様に癒しを提供してますよ~♪

と、いう訳で、

これから沢山のお客様が来店されるであろうシーズンに突入です!

そこで、

・やる気のある人
・将来の為に今を頑張れる人
・自分に正直な人

大募集してます!

お問合せは「メンズヘブン見た」で!

お仕事紹介その2

2017/06/26 17:04更新
06/26 17:04 パンティラ こんにちは。大です。

カガミを拭いてます♪

もちろん掃除は毎日ちゃんとしています。

基本に忠実に。

コツコツ。

コツコツ。
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

当店の受付はクリーンなイメージ!

2017/06/26 12:03更新
06/26 12:03 パンティラ こんにちは。大です。

写真は当店の受付の写真です。

僕は元気よく接客する事を心掛けています!

当店のシステムや女の子のご案内など、

お客様からの質問に笑顔で答えています!

元気だけが取り柄です!って方でも大丈夫!!

元気で活気あるお店を一緒に作っていきませんか??

ご応募お待ちしております!!!
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

楽して稼ぐ!!

2017/06/25 21:04更新
06/25 21:04 パンティラ こんにちは、パンティラ店長のいしちゃんです。

本日のテーマは楽して稼ぐ!!
『あるわけないじゃん!』
って思いますよね?

確かにそうなんですよ。
仕事には辛いことがつきものと考えるのが、普通なのですが
『楽して』というより『楽しく』行えるかが
『楽して稼ぐ』ということなんです。

何を楽しいと思うかは、人それぞれです。

仕事は辛いことばかりではなく、辛いことを乗り越えて
結果が出ることも『楽しむ』の一つです。

風俗であれば女性とのコミニケーションの中で
女性のモチベーションを上げることが得意と思う方であれば
必ず結果に繋がりますし、パソコンが得意な方なら広告を
担当すれば結果が出ます。

会社は、業績を上げることを前提に人を評価し採用します。

人が楽しいと思う瞬間は、自分が認めてもらえてるという
実感から来るものではないのでしょうか?

あなたにとって何を得意としているか、それを見つけることが
仕事を続けてく中で大事なことではないのかなと私は思います。

自分がわからない方は、自分探しをしましょう。

当社は、あなたの才能最大限に評価致します!
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

あなたは諦めていませんか?

2017/06/25 17:01更新
06/25 17:01 パンティラ こんにちは。大です。

「辞めないけど、頑張りません」

そう考える30歳前後の社員が増えているそうです。

現状維持を望んでおり、昇進を目指すわけでもなく、

転職、独立をするわけでもない。

すべてにおいて否定的で不可能だと思っている。

そんな社員を支配しているのは、

「諦め感」

そこには、3つの諦めがあります。

一つ目は、「自分」への諦め。

「それは自分には無理」
「今のままで満足」

出来ない理由ばかりを口にして、結局行動を起こさない。
行動を起こさない自分を正当化する。そしてそんな自分に嫌気がさし、
くすぶっている。

二つ目は、「組織」への諦め。

「どうせあの上司(社長)がいる限り、うちの会社は変わらない」
「どうせ頑張っても給料は上がらない」

自分の所属する会社や部署に対する失望から生まれる諦め感です。

全ては、何かのせい。
売り上げが悪いのは景気のせい、成果を上げられないのは忙し過ぎるせい。
提案を認めてもらえないのは、理解しない上司のせい。
と、文句ばかり。

三つ目は、「未来」への諦め。

「自分が何をしたいのか分からない」
「夢なんて持てない」

既に未来に絶望してしまっています。
ただ流されるように今を生きているのです。

30歳で人生を諦めてしまうなんてほんともったいないと思います。

これを読んでちょっとでも「ドキッ」っとしてしまった人は、

今からでも遅くないので、考え方を変えて前に進んでいきましょう!

これからですよ!これから!
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

スタッフ紹介 KUMAさん編

2017/06/25 12:04更新
06/25 12:04 パンティラ こんにちはパンティラ店長のいしちゃんです。


本日はスタッフのkumaさんのご紹介です。


女性からは頼れるお姉さんとして親しまれています。

主な担当は、WEB関係です。

WEBに関しては、めっぽう強く
私がわからないことのほとんどはkumaさん任せです。

お店のポップなどの制作などは、全てkumaさんがやっています!


そんなkumaさんの趣味はというと

『漫画』 です。


基本はインドア派なので、お休みに大好きな漫画や絵を描くことで
ストレスを発散してるみたいですよ。

待合室の漫画もkumaさんの趣味で揃えています。


性格はとっても明るく、どんなに腹が立つことでも寝ると忘れる
楽観的な人です。

女性ですが、芯が強く、責任感が強く、パンティラにとっては
いなくてはいけない存在です。


いつも笑い声が絶えない面白いkumaさん。

お仕事も丁寧に教えてくれるので、未経験者さんにも
安心して勤務出来ます。


ご応募お待ちしております。
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

当社の求める人材!

2017/06/24 21:06更新
06/24 21:06 パンティラ きっとこのサイトをご覧頂いてる方は、今のお仕事に満足されていないもしくは、今の現状に対して満足していない、もしくは昼職を辞めて新たにこの業界で一旗上げてやろうと意気込んでいる人たちなんだと思います!

もちろん、僕もこの業界に入る前は大金がほしい!と言う一心でした!

しかし、実際のこの業界自体は甘くありません。そう簡単にずば抜けて稼げるお仕事でもありません。


言ってしまえば

普通の昼のお仕事で稼げる人は、夜の仕事でも稼げます。
昼の仕事で稼げない人は夜の仕事でも稼げません。

稼げる人というのは、それ程の覚悟と勇気がある人なんだと最近特に思います。

今、貴方に用意されているモノ・・・

・努力と忍耐次第でいくらでも輝ける『職場』
・何があっても自分の事を考えてくれる頼りになる『店長』

後は、貴女の気持ち1つで『最良の未来と環境』・・・・・
要は『稼ぐチカラ』が手に入ります。

画面をご覧の貴方からのご応募をお待ちしております!!

お問合せは「メンズヘブン見た」で!

ショートカットなんてものはない!

2017/06/24 17:04更新
06/24 17:04 パンティラ こんにちは。大です。

楽してお金を稼ぎたい・・もらいたい・・

そうできればいいですけど、

いきなりそうはなれませんよ。

成功へのショートカットを求め、

どうすればラクをしながら成功できるかを考えている様ではダメですよね。

まずは、ひとつずつ「小さな成功体験」を積み重ねていくしかない。

僕はそう思います。

失敗してもマイナスではなくゼロに戻るだけ。

だったら

なぜ一歩ずつでも挑戦しないのか。

目の前にあるチャンスにどうして飛びつかないのか。

そういうチャレンジこそが成功へのショートカットだと思います。

ぜひ一緒にチャレンジを!


お問合せは「メンズヘブン見た」で!

受付スタッフ 仕事内容 レジ計算

2017/06/24 12:10更新
06/24 12:10 パンティラ こんにちはパンティラ店長のいしちゃんです。

今日は『レジ』について少しだけお話をします。


当店ではレジの管理は、基本的に受付スタッフが管理致します。

お金を扱うお仕事なので、そこは慎重な方ではないと
いけませんね。

エクセル等を使って売り上げを計算をするので
入力方法だけ学べば、誰でも簡単に売り上げを出す事ことが出来ます。

もちろん女性の給料も勝手にエクセルが計算がしてくれるので
安心です。

入力をするときに、確認だけ忘れなければ大丈夫です。

お金の問題は、非常に緊張感のあるものです。

間違う事もあるので、間違えた時は素直に報告すれば
理解してくれます。

ご応募お待ちしております。
お問合せは「メンズヘブン見た」で!

がむしゃらに!

2017/06/23 21:01更新
06/23 21:01 パンティラ こんにちは、パンティラ店長のいしちゃんです。

ゆとり、さとりと言われる今の世代の人達。

ゆとり、さとり世代に否定的にいう人が多いのですが、
指導者である私の立場で考えるとあまり気にしたことが
ありません。

働くスタッフも、上司には不満があるのは当たり前と考えていて
それはお互い様。

ただ、大事なのはそれを表に出すか出さないかの違い。

上司という存在は、気を使う立場です。

自分の上司に気を使えない人は、出世して自分が上に立った時に
下に気を使えるのかなと思います。

自分よりも下のスタッフに気を使う事は、上司よりも難しいこと
じゃないかなと思います。

私が言っている事は、正しいわけでなく、ただの持論です。

こうやって出来ない事に対して、動機づけするだけで出来るように
なったりするものです。

さとり、ゆとり世代の人達も、周りの大人から否定的に見られているのであれば
見返しましょう!!

私もかつて20代の頃は、何も認めて貰えませんでした。
会社で意見を言ってもほとんど通りません。

だからこそ『がむしゃら』に頑張り結果を出し、見返ししてやりました。

今では私が周りを評価する立場になりました。

理由は、見返してやりたかったです。

昔から認めてもらっていたら、今の私はなかったかもしれません。

お問合せは「メンズヘブン見た」で!
利用規約 | 個人情報保護方針 | 免責事項